FC2ブログ

草舟 on Earth

+++++ about Wild Grass Workshop *Exhibition * Gest talk * and more * on the Choujah Beach on the EARTH +++++

名前のない新聞 連載記事 忘備録3

草文明の日々3


名前のない新聞 連載記事3
2019.3.4

【 草文明の日々 その三 】 ー草と海と馬の物語ー    矢谷左知子



南の島に小さなお馬たちがいます。沖縄県宮古島の在来馬、宮古馬。絶滅を危惧されている頭数で、県の天然記念物でありながら、行政が見捨ててきた結果、大変ひどい状況になっています。私はどういうわけか、2017年から「ミャークヌーマ宮古馬の会」という名前で、会とはいえひとりで、その宮古馬の救済活動を水面下でしてきました。詳しくはFacebookのページをご覧ください(*下記参照)それまでお馬さんとはご縁なく、初めて出逢った馬が宮古馬たち。彼らの群れに受け入れてもらうようになってからというもの、問題そのものはさておいても、馬たちのあまりの素晴らしさに今では魂の底から馬たちと同化し、離れていても私も群れの一員として、いつも彼らを想い、いまでは家族のような存在になっています。そのお馬のお話は折々に書いていきたく思いますが、そのように馬に心を向けてみる時、馬の付く慣用句の、いかに馬を馬鹿(これもです)にしたものが多いかということに気がつきます。
馬と接する時、その崇高さにはいつも胸が一杯になるのですが、慣用句はそれと真逆、どれもひどいものばかり。
「馬耳東風」もそのひとつ。東風は春風の意で、春になって心地よい風が吹いていても、馬は耳をなでる春風に何も感じないだろう、ということから、他人の意見も心に留めない、という意味に使われます。とんでもないこと、馬たちも、他の生き物たちも、人間以上にデリケートな感覚を持っていて、風が運ぶ情報なんて、人には及ぶべくもなく察知し、読み解いているでしょう。
そこで、これからは、人の馬たちへの負の表現を転じるべく、新しい馬の慣用句を作っていこうと思っています。
その第一作目としては、2月の草暦にも書いたように、馬耳東風を言い換えた言葉をつくってみました。
「春風 仔馬の耳に あそぶ」
先日生まれた仔馬の愛くるしい様子はミャークヌーマ宮古馬の会のページでご覧くださいね。


《 草講座 ー労働は美に変わるー 》

さて、今日も草のお話です。
「草」と共に生きてきました。草の声を聴き、草から学び、全身全霊で草と共に労働してきました。
身の回りの野生、遠くに出かけなくても、すぐ足下で出逢うものたち、草草。それが自分の師であり、仕事仲間である、そんな暮らしを気がついたらもう四半世紀以上。
その前半の十数年は、草から繊維を取り出し、糸にして、布を織る、野生の草の布を織り続けていました。たぶん500枚以上、もっとかな。
やり方は誰にも聞かず。草に聞いて独り学びました。草が全面応援してくれました。
「草の布」つくりはまず生えているところを探すことから。それを採取し、種類によって繊維にするまでの工程も違い、その季節いっぱい、一年分の素材を作りためておく、採集文化の、膨大な労働の毎日。それはおおげさでなく、心身の歓び極まるものでした。

糸にしてからは、身の回りの植物で染め、そして、織る。
糸にする草、染めに使う植物、素材とするものは、人に疎まれ刈られる草、落ちている木の実、そんな忘れられたものたちが主役です。
それらがこの体を通って、次の形に姿を変えてゆく、その変換装置として自分がいる、労働が美に変わる。ただその作業が至福なのです。
布を織るのが目的ではなく、草と人がコラボする、その過程こそに主がある。布は結果的にでき上がる副産物、目的は野生の存在とのやりとり。
そのため、1)栽培はしない 2)人類にやり方は聞かない 3)草から学ぶ 4)遠くの素材ではなく足下の在るものでやる、というのが、草から布を織るにあたって、自分に課したことでした。以来二十数年、草むらでゴソゴソ人生、草薮にはいるときの自分なりの流儀ができました。
体の使い方、自然のなかでの重心バランスの取り方など、草から学んだことが、今の私の心と体を造り、歓びで充たしてくれています。
そうした体の使い方のこと、草界にはいるときの流儀、織るという作務のことなどは、また次回に書きたいと想います。
そんなことをお伝えするために、毎月「草講座」というタイトルで、草のあれこれの講座をひっそりと、この10年ほどしています。これは、草から籠や箒などの道具をつくったり、染めたり、野生の草が人を通って次のかたちとなる、それを体感する時間です。何かをつくるのが目的ではなく、その過程で見えてくる授かりものを体得する、草時間の至福をお伝えする、そんなひとときになればと続けています。そのような日々が、今度は私に馬を授けてくれました。そのお話はまた続きます。


草舟 on Earth(草講座・馬講座のことはこちら)
http://kusabune.blog.fc2.com

ミャークヌーマ宮古馬の会(その後)
https://www.facebook.com/myahknuma/
  1. 2020/02/05(水) 12:18:08|
  2. 「名前のない新聞」連載