草舟 on Earth

+++++ about Wild Grass Workshop *Exhibition * Gest talk * and more * on the Choujah Beach on the EARTH +++++

白鞣し革のストラップサンダルづくり+展示 by てのひらワークス

サンダル

今年もまた
てのひらワークス小林智行さんのサンダルワークショップがあります。


*なぜ、草舟で動物の皮を?
これは小林さんとの個人的なおつき合いのなかから自然に発生したWSで、ひとえに彼のお人柄とそのものづくり、クリエイティビティへの敬愛からきています。
草舟でのWSでは、通常の革ではなく、完全にオーガニックともいえる、奈良時代からの鞣しの技法、白鞣しの革を使うということがあります。
白鞣しはシカやイノシシの皮を塩と菜種油だけで鞣す1000年前からの技術で、現在も日本で一ヶ所だけで受け継がれ、小林さんはその貴重な革の使用を許された人でもあります。
革というのも人にとって大事な素材、それを丁寧に最後まで愛をもって深く感じながら作り上げていく、その小林さんだからこそ、草舟での革のサンダルワークをしていただくことになりました。



ご自分の足型から取って、自分で縫い上げてつくる、唯一無二のサンダル。
ギリシャ神殿で女神様が履いていらっしゃるような、羽が生えていそうな素敵なサンダルを一日でつくることができます。

素材の革は白鞣し革。
1000年前から続くこの国独自の技法で、薬品はいっさい使わず、塩と菜種油だけで鞣します。
自然に即した製法でできあがっているので、素肌にもやさしい。
ご自分のサイズに合わせて、そのうつくしい革でぴったりと足を包みます。

素肌のシーズンの前に、世界にひとつのサンダルを手作りしてみませんか。

矢谷左知子

IMG_3212.jpg

◯白鞣し革のストラップサンダルづくり◯

4月8日/9日、各1日 13時〜17時 各日定員4名
参加費25,000円 (草のお菓子・草茶つき)

*小林さんより******

白鞣し革に出会って4年経ちます。
この自分よりも大きな生き物に畏敬の念と愛情を込めて、
できる限り優しく触れたことを今でも覚えています。

この素材、この生き物と真剣に向き合った4年間でもあります。

ミシンもなかった時代に
もしかしたら、大切な人のために
ひと縫いひと縫い繕っていたのかなと思うと
不思議と僕もまた同じように手を動かしたくなります。
そうやってできた、ただ足を包むもの。時にかばうもの。心さえ癒すもの。

初めはおっかなびっくり触れていたけれど、
この4年間でだいぶ白鞣し革とも仲良くなれた気がします。
切ったり編んだり結んだり、藍染めや柿渋染めも。

少しではありますが
素敵な出会いを準備して、お待ちしています。

てのひらワークス小林智行

  1. 2016/03/28(月) 21:57:13|
  2. 展覧会(ともだち)
次のページ