FC2ブログ

草舟 on Earth

+++++ about Wild Grass Workshop *Exhibition * Gest talk * and more * on the Choujah Beach on the EARTH +++++

3月2日(土)草虫馬のお話会 「草暦とミャークヌーマ」 草舟にて

仔馬の耳


定められたかのような巡り合わせで延期になりました「草虫馬のお話会」のお知らせです。

「草暦とミャークヌーマ」

3/2(土)12:00-15:00 草舟 on Earthにて(神奈川県横須賀市)
3.500円

◎お庭の草をつんでいっしょに”軽い”ランチづくり (月桃を使わせてもらいます。杉桶仕込み味噌もね)
◎暦の話(旧暦と野生動物との関係:石田紀佳)
◎馬のお話(草とミャークヌーマのいま:矢谷左知子)

気持ちのシェアリング(海をみながら)

場所は草舟です。(最寄り駅 逗子駅からバスなど)
お申し込みの方に詳細の場所をお知らせします。
件名に「草暦とミャークヌーマのおはなし会」として
矢谷左知子か石田紀佳までお申し込みください。

矢谷左知子  xusa93hinaアットオドロクgmail.com
石田紀佳 lamudaアットオドロクya2.so-net.ne.jp

アットオドロクを@にしてください。

:::::::::::::::::::::::::::::
草舟は方舟になってきたと矢谷左知子。
だいぶ前の矢谷左知子の草布の作品にこの星への祈りのように北極と南極を感じさせるものがあって、それはたしかシロクマにも捧げられたものでした。
いまはミャークヌーマがひとつの極となって彼女を動かしています。

七十二候の言葉には大型ほ乳類もふくめた生き物がいます。
今では日本でつかわれなくなった中国由来の言葉だと、
絶滅寸前の動物たちがいます。
どうして2000年以上の時空をこえて、
この言葉が伝えられたのか、
ときどきずしりと胸にひびきます。

ミャークヌーマが伝えてくれること。
馬耳東風の本来の意味。
「草木萌えいずる」の候に分かち合えたらと願います。

石田紀佳 記

52020808_2303869896512615_1544820331015831552_n.jpg
夕日に照された草舟
  1. 2019/02/27(水) 23:03:01|
  2. 草暦

3月2日(土)草虫馬のお話会 「草暦とミャークヌーマ」 草舟にて

IMG_1169.jpg

3月2日(土)草虫馬のお話会 「草暦とミャークヌーマ」

定められたかのような巡り合わせで延期になりました「草虫馬のお話会」のお知らせです。

3/2(土)12:00-15:00 草舟 on Earthにて

◎お庭の草をつんでいっしょに”軽い”ランチづくり (月桃を使わせてもらいます。杉桶仕込み味噌もね)
◎暦の話(旧暦と野生動物との関係:石田紀佳)
◎馬のお話(ミャークヌーマのいま:矢谷左知子)

気持ちのシェアリング(海をみながら)

場所は草舟です。(最寄り駅 逗子駅からバスなど)
お申し込みの方に詳細の場所をお知らせします。
件名に「草暦とミャークヌーマのおはなし会」として
矢谷左知子か石田紀佳までお申し込みください。

矢谷左知子  xusa93hinaアットオドロクgmail.com
石田紀佳 lamudaアットオドロクya2.so-net.ne.jp

アットオドロクを@にしてください。

:::::::::::::::::::::::::::::
草舟は方舟になってきたと矢谷左知子。
だいぶ前の矢谷左知子の草布の作品にこの星への祈りのように北極と南極を感じさせるものがあって、それはたしかシロクマにも捧げられたものでした。
いまはミャークヌーマがひとつの極となって彼女を動かしています。

七十二候の言葉には大型ほ乳類もふくめた生き物がいます。
今では日本でつかわれなくなった中国由来の言葉だと、
絶滅寸前の動物たちがいます。
どうして2000年以上の時空をこえて、
この言葉が伝えられたのか、
ときどきずしりと胸にひびきます。

ミャークヌーマが伝えてくれること。
馬耳東風の本来の意味。
「草木萌えいずる」の候に分かち合えたらと願います。

石田紀佳 記
  1. 2019/02/21(木) 11:15:36|
  2. 草暦

草暦の十三ヶ月 二月

仔馬の耳

二月


2017年から突如のごとくに、馬のことが始まりました。
沖縄県宮古島の在来馬、宮古馬。
その存続がかかった問題が次々と起こり、
なぜか私がそこに投げ込まれ、
この二年、必死で、お馬のことだけをしてきたようなことでした。

おかげさまで、去年末、ことが大きく動き、
多少は改善が始まっています。

依然、根本の問題は根強いです。

でも、もうそこは軽々と飛び越えて、先に進みたい、と想っています。

この二年の、これまで考えたこともなかった、お馬との日々のなかで、
彼らの群れに受け入れてもらうようになってからというもの、
馬たちのあまりの素晴らしさに今では魂の底から馬たちと同化し、
離れていても私も群れの一員として、いつも彼らを想い、
いまでは家族のような存在になっています。

そのように馬に心を向けてみる時、
馬の付く慣用句の、いかに馬を馬鹿(これもです)にしたものが多いかということに気がつきます。

馬と接する時、その崇高さにはいつも胸が一杯になるのですが、慣用句はそれと真逆、どれもひどいものばかり。

「馬耳東風」もそのひとつ
東風は春風の意で、春になって心地よい風が吹いていても、馬は耳をなでる春風に何も感じないだろう、ということから、
他人の意見も心に留めない、という意味に使われます。
とんでもないこと、馬たちも、他の生き物たちも、人間以上にデリケートな感覚を持っていて、
風が運ぶ情報なんて、人には及ぶべくもなく察知し、読み解いているでしょう。
そこで、これからは、人の、馬たちへの負の表現を転じるべく、新しい馬の慣用句を作っていこうと思っています。

その第一作目としては、
馬耳東風を言い換えた言葉をつくってみました。

「春風 仔馬の耳に あそぶ」



IMG_1577.jpg
  1. 2019/02/20(水) 20:11:37|
  2. 草暦

草暦の十三ヶ月 一月

あっという間に2月もなかば。
今年は、草暦の絵と言葉を月々に解説をさせていただこう!とおもいつつ、もう2ヶ月過ぎてしまいました。
14年間つくり続けてきた草暦ですが、いつも、販売終了すると、そのまま。。
ちゃんとフォローできていませんでした。

暦のなかに込めた想いは深くあります。

今年は、せっかくなので、ひとつずつ、簡単にご紹介させていただきますね。
まずは1月。

IMG_1576.jpg

一月


キジの鳴き声を知っていますか。

1月15日、七十二候の
「雉始めて鳴く」

なかなか形容しがたい声ですが、例えていえば、錆びた自転車のブレーキのよう。。
その声が一声、山を劈(つんざ)きます。

私の家は、海の目の前の山の中腹にあります。
山のすそ野がそのまま海に入り込んでいるという地形なので、海沿いなのに、山の気配の中、
庭には、この時季、リス、コジュケイ、キジたち、森の仲間が遊びにきます。

キジは意外や、近づいても逃げることなく、しばし庭の畑でなにやらゴソゴソしたり、お散歩してひととき穏やかに楽しんで、また薮に消えていきます。

しばらくして山のほうから、ひと声、、

実は大好きな鳴き声、
その声を聴くと、なにかが破れる、なにかがひらく、

そこで、
「雉鳴き 山のひらく」
としてみました。
  1. 2019/02/20(水) 20:08:47|
  2. 草暦

草暦できあがり ご注文受付中

46646599_2144890905828059_7025106241735098368_n2.jpg

草暦2019

*ご注文受付中*

15年目の草暦
この数年は、草だけでなく、
海や、野生の命、
この星の全生命のことを草暦に迎え入れるようになってきました。

2019年版は、
いま私が深く関わっている沖縄宮古島の馬も登場します。
すべての命の乗せて、草暦はことしも船出します。


お取り扱い店舗はもう少し出揃ってから掲載させていただきますが、
一冊から直送させていただいています。

暮れのギフトや、新年のご挨拶にご用命ください。

5部以上から部数が増えるほどにお得に買っていただけます。
お友達などとまとめても。
また、草暦は個人でも販売していただけます。
お得に仕入れて定価で販売、おこづかいにしてください*


草暦

<吊り下げ仕様  1.250円>

1部    1250円
5部以上  1050円
10部以上  950円
30部以上  750円


<折り本仕様  1550円>

1部    1550円
5部以上  1300円


<送料>
このページを見てご注文くださった方は
5部までは送料無料とさせていただきます。

6部〜9部   送料100円
10部〜20部  送料200円
30部以上〜     500円

/////////////////////////////
草暦 ご注文受付

ご注文はこちらまでどうぞ。
xusa93hina*gmail.com(*を@にかえてください)
矢谷左知子

1 吊り下げか、折り本か
2 部数 
3 お名前 / お送り先

をご明記ください。


DSCN0322s.jpg
DSCN0333s.jpg


  1. 2018/11/25(日) 20:19:28|
  2. 草暦
次のページ