FC2ブログ

草舟 on Earth

+++++ about Wild Grass Workshop *Exhibition * Gest talk * and more * on the Choujah Beach on the EARTH +++++

「馬を放つ」上映+小さなお話会

f440253ccd7eba27d0587e778ca3409a.jpg

「馬を放つ」 上映+宮古馬お話会 10/25

地元の海辺の素敵な映画館CINEMA AMIGOで21日からキルギスの映画「馬を放つ」を上映してもらっています。
初日21日には、そこでトークイベントをし、上映後、宮古馬の現状の映像も観ていただいた後、ゲストの方々にも馬を放つという主題のお話をしていただきました。

きのうはゲストの方のみのトークライブでしたので、
来たる10/25にまた小さなお話会をしたいと思います。
各自映画を観ていただいたあとに、別の場所(すぐそばのカフェ)にて宮古馬の現状の映像を観ていただきながら、お話をさせていただきます。
ご希望の方はメッセージをくださいませ。詳細をご案内させていただきます。
先着10名様までお越しいただけます。
メッセージ宛先
xusa93hina★gmail.com
(★を@に変えてください)

場所は神奈川県逗子市になります。
たいへんに素晴らしい映画で、宮古馬、そして世界の馬たちの現状と重なり、魂の震える映画です。
25日とは別に期間中、いつでもご覧いただけますので、お見逃しの方はこの機会にどうぞご高覧ください。

「馬を放つ」
CINEMA AMIGO(逗子)にて11/3まで上映
https://cinema-amigo.com/2018/10/139/
  1. 2018/10/22(月) 14:41:52|
  2. いきものたち

【馬と人のこれからサミット ー序章ー】@宮古島

表


まさか、お馬のサミットを主催するとは。。
自分がいちばんビックリです。

来週、6/16
宮古島でこんなことをします。

地元の公民館で、車座で、という斬新なスタイルのサミットです。

奇跡が重なって来れる方、ぜひご参加くださいね。

==========

【 馬と人のこれからサミット ー序章ー 】
   という名の小さな集い



馬たちはずっと待っていた
人がまた、この星のこれからを
馬と共に生きていくことを
そして
それは、いま、始まっている



< ミャークヌーマたちの國へようこそ >

馬をめぐる、あたらしい集い
南の島に、ミャーク(宮古)ヌーマ(馬)という小さな馬たちがひっそりと生きています。
穏やかで、人懐こくて、そして、長い間、よく働いてきたお馬です。
世界のどこの在来の馬もそうであるように、宮古馬もまた絶滅を危惧され、
その行く末は、ひとえに人の都合により不安定さを増しています。
宮古馬の窮地を知り、その現状を発信する目的でfacebookページ「ミャークヌーマ宮古馬の会」が昨年始まり、
この一年間、馬たちの今をお伝えしてきたことで、全国の多くの方より励ましのお心をいただいてまいりました。

そして、それを受けて、この度、実際に宮古島の地で、
より深く、そしてリアルに、現代に於ける馬の姿を共有すべく、
「馬と人のこれからサミット」という、希望を秘めた大きなタイトルの、小さな集まりができたら、と、
身の程知らずの会を企画してみました。

人と馬は、ではこれからどのように共生していくのか、
宮古馬の現状を知っていただき、
あたらしいこれからの姿を創るべく
各地で在来馬をはじめとする馬との日々の中に居られる方々のお話も伺いながら
馬という生き物が人に齎せてくれた幾百年の恩恵を想い
そして、次代に繋いでいくための智慧に到達する、すこしでも端緒となればと願い。

馬の置かれた状況に心より向きあうことは、そのまま、人のこれからの行く先を示してくれる羅針盤になるでしょう。
馬の持つ本来の能力を活かすことのできない、人類の精進の足らなさを自覚しながら、
宮古馬たちの生きるこの地で、あたたかな、創造性に充ちたひとときを共有したいと思います。

会合のあとは、近くの荷川取牧場に移動し、お馬たちとの時間です。 今年生れた仔馬たちがみなさまをお出迎えします。
この一年見守ってくださった方々、今知った方、どなたでも大歓迎です。
どうぞこの、あたらしい集まりに加わってください。

馬と一緒に、その先へと駆けていきましょう。 

イベント詳細はこちらを→

うら


ーー

お問合せは左のメールフォームよりお願いします。
  1. 2018/06/05(火) 21:11:06|
  2. いきものたち

海亀からの贈りもの その後のおはなし

IMGP2059.jpeg


7月の終わり、夜の葉山の浜、
目の前に上陸してきたアカウミガメの産卵を間近に立ち合い、
産み終えてまた漆黒の海に戻るまでを付添い、見送った、あの夏の日。
(そのときの様子は、こちら

夏が終わり、秋も深まり、
亀の卵はどうなったのでしょう。
その後のご報告をこちらに書かせていただきました。
→湘南のwebマガジン BRISA
  1. 2017/10/31(火) 18:53:23|
  2. いきものたち

海亀からの贈りもの

IMGP3581 2


この夏の海亀さんとのひと刻を書かせていただきました。
→湘南のwebマガジン BRISA

  1. 2017/09/04(月) 18:24:12|
  2. いきものたち