草舟 on Earth

+++++ about Wild Grass Workshop *Exhibition * Gest talk * and more * on the Choujah Beach on the EARTH +++++

「チルチンびと」掲載

IMGP2944.jpeg IMGP2947.jpeg

「草の布」作家活動を休止してから今年で12年、
染織の作品をつくることを止め
完全にローカルでひっそりと
でももっともっと深いところで、草のことを続けてきました。

作品をつくる、ということではない、草との交わり、
それこそがしたかったんだ、ということを思い出しながらのこの12年。

作家を止めるちょうどその頃、連載させていただいていた
「チルチンびと」とその姉妹誌の「ナナムイびと」
その両誌に’草世界より’というタイトルで、2年間書かせていただきました。

12年前、母の葬儀の夜にも、〆切りを待っていただき、泣きながら原稿を書いたのを思い出します。
その母の死により、私は作家活動を突然に休止したのです。

その間に、私の’草世界’は、「海」へも漕ぎ出し、
そのライン上に、今年になって「馬」も加わります。
そのことについてはまた書かせていただきたく思います。

この度、時を経て
初めての原稿書きから12年目の今年の私の誕生月号、
チルチンびとさんに久しぶりに原稿を書かせていただきました。
草特集をするので、その冒頭にとのことでした。

作家としてはすっかり姿を消していたので、声をかけていただいた時には少し驚きましたが、
草のことを書けるのが、とても光栄でした。

文は書き下ろしですが、写真はその当時のなつかしいものです。

他に草でいろいろなことをされている方が紹介されています。
この十数年の間に、草のすそ野が拡がったのだなあ、と感慨深くております。

作家を止めて12年目の今の思い、
先月の家庭画報に続き、ご覧いただけましたらうれしい限りです。
  1. 2017/06/15(木) 20:13:09|
  2. 取材記事

「家庭画報」6月号 掲載記事

ゴウジャスな月刊誌で知られる「家庭画報」さん、
その今月6月号に、どういうわけか、草舟が6ページにわたり掲載されています。
他のまばゆいページとのギャップが話題になるほど、うちだけが浮いています。
この質素な小屋暮らしに、この雑誌がここまでのページ数を割いてくださったことに、周囲の友人たちもびっくりし、
家庭画報アッパレ、的なコメントばかりいただいています。
(家庭画報さん、失礼をお許しを・)
それほどにそれ以外の頁との差が愉しめます。。

それにしても写真が美しい。
さすが画報というネーミングのとおり、クオリティの高い画像たちです。

1枚、後ろ姿の私が家路の山道を歩いている写真は、私自身、初めて見る自分で、ハッとさせられました。

家路

この写真だけで、とてもうれしかったです。
写真家の小林 廉宜さんが撮影してくださいました。
文章は地元の友人、神崎典子さんが担当してくださいました。

作家を止めて、12年、
作家時代には毎月といってもいいほど、メディアへの掲載がありましたが、
この12年のひっそり沈黙で、久しぶりの掲載でした。

こんなに素敵に載せていただき驚いています。

ちなみに、地下足袋で家庭画報のグラビアに登場は、矢谷さんが初めてです、と言われました。

たいへん光栄です。

IMGP2584.jpeg

IMGP2580.jpeg

IMGP2582.jpeg


  1. 2017/05/21(日) 23:47:03|
  2. 取材記事

草舟取材

IMGP0948.jpeg

作家活動を休止して、早くも10年、
久しぶりに取材をお受けしました。

いまでは「草の布」を織っていたことを知らない方のほうが増えました。

最近の私がすこし出ています。
猫のヒナも載せてくださってます。
本屋さんに行かれることがあったら見てみてくださいな。

IMGP0980.jpeg
  1. 2016/03/20(日) 11:46:57|
  2. 取材記事

草コラボ with メイド・イン・アース

メイド・イン・アース1

オーガニックコットン素材の専門ブランド、「メイド・イン・アース」さんと
この秋から少しずつコラボがはじまることになりました。

今、WEBマガジンに、インタビュー記事を掲載していただいています。
http://www.made-in-earth.co.jp/news/mie-interview/yatanisan.html

メイド・イン・アースさんは、去年の年末に「草暦」をお客さまへのプレゼント用にたくさん注文してくださいました。
うれしかったなー。
それからのご縁です。

デザインさせていただいた、Tシャツも、もうすぐ発売です。
オーガニックコットンの生地に、天然顔料のプリントはデザインとしても初めての体験。
もともとテキスタイルデザインの仕事をしていた時は、もちろん大量生産で化学染料、
デザインして工場で染めてもらって、色調整のやりとり。
色味や濃度を、もうすこし、青を入れて、とか濃度10%アップ、とか細かい指示を出しながら、ほしい色に近づけて行きます。
でも今回は天然の顔料
今の自分の草の染めと同じ、ある意味、出たトコまで、ムリはしない、できない、です。
そんなことで、当初の指定の色より、ほんわかやさしい色味になりそうですが、
100%自然のこうしたTシャツデザインは初めての経験、
仕上がりが楽しみです。

秋からはwebコラムも始まる予定です。

以上
「メイド・イン・アース」with 矢谷左知子 
情報でした〜
  1. 2013/09/08(日) 10:12:09|
  2. 取材記事

夏の草舟

ピクチャ 4

夏の間はワークショップはお休みさせていただきます。
私は近くの海や旅先の滝、川で泳いでいます。
よい夏の時をお過ごしください。

そうそう、少し前にwebマガジンhellomagに草舟が紹介されました。
http://www.hellomag.jp/lifestyle/2013/07/room-relay-vol17.html
  1. 2013/08/05(月) 12:06:03|
  2. 取材記事
次のページ