FC2ブログ

草舟 on Earth

+++++ about Wild Grass Workshop *Exhibition * Gest talk * and more * on the Choujah Beach on the EARTH +++++

草舟寿司@CINEMA AMIGO10周年パーティ8/24

amigo.png

逗子の海のそばの映画館、CINEMA AMIGOは今年でオープンから10周年を迎えます。
https://cinema-amigo.com/2019/07/1142/

どういうわけか、立ち上げの時からのスタッフで、
10年前のスタートから二年間、週に一回ランチシェフをしていました。
ランチスタッフの中でも、私だけがド素人。

この素人になにができるのだろうか、、と悩んだ末、やはり私は草で創るってことだな、と、
その時から、「草ランチ」、「草定食」、と、完全菜食ヴィーガンメニューの定番ができ上がってきました。
なにしろ料理なんて、習ったこともないxusa。
当番の日の前夜は、これまで作ったことのない人数分の仕込みに、始めの頃は夜中じゅう、半ベソで作っていました

始まりの頃は葉山に住んでいましたが、その後、秋谷の山の中に越して、搬入搬出が難しくなり、シェフは二年で引退しました。
でもその経験があったから「草弁当」というものが誕生したという次第、
アミーゴに感謝です。

そんなシネマ・アミーゴも今年で10年目。
この夏久々に10周年パーティに草メニューで出店します。

”ヴィーガン草舟寿司”をお出しする予定です。

kusasusi.jpg

どうぞ遊びにいらしてくださいね。
午後遅め、4時くらいからの出店になります。

矢谷左知子
  1. 2019/08/21(水) 18:27:32|
  2. イベント

【 EARTH BOOK 茶話会 -仲秋編- 】のご案内 

sawakai1.png

【 EARTH BOOK 茶話会 -仲秋編- 】のご案内 
    - EARTH BOOK sawakai -


一般社団法人EARTH BOOKのオフィスでもある草舟にて、少人数での茶話会を開催いたします。

EARTH BOOK代表の矢谷左知子がつくる完全菜食の「草弁当」をお召し上がりいただき、草や、海や、馬から授かった世界の物語、
EARTH BOOKが描くヴィジョンをお話させていただきます。
どうぞご参加をお待ち申し上げます。

<日時>
2019年8月29日(木曜日)12:30スタート16:00ごろ終了
2019年9月6日(金曜日) 12:30スタート16:00ごろ終了
2019年9月15日(日曜日)12:30スタート16:00ごろ終了
2019年9月16日(月曜・祝日)12:30スタート16:00ごろ終了

<場所>
横須賀市秋谷(逗子駅よりバス20分)
参加者の方に詳細お知らせします

<内容>
12:30ご挨拶
12:40 草弁当
13:30 矢谷左知子のお話
馬の映像などを見ながら、草、海、馬、EARTH BOOKの描く世界について
取り組むプロジェクトについて、お話させていただきます。
15:00 お茶とお菓子をいただきながらシェアの時間
16:00 終了

会費 お一人様1万円 草弁当とお茶とおやつ付き
(一般社団法人EARTH BOOKの活動費とさせていただきます)
各回、限定6名様

<お申し込み>
矢谷宛に直接メッセージをいただくか、(xusa93hinaアットマークgmail.com アットマークを@に変えてください)
EARTH BOOKホームページcontact(お問い合わせフォーム)よりお申し込みください。
http://www.earth-book.com

***************
2019年4月。
代表矢谷がこの二年間関わってきた宮古馬の問題解決をさらに加速し、そして動植物と人との在るべき関係性と、新しい共生のすがたを探り、
すでに動植物がやっている“この星のための仕事”に人も連なりたい、生き物と人とのほんとうの共存はどこにあるのか、
そこを具体的な動きの中から立ち上げ、生き物の環境を力強いものにしていきたい、
そんな想いから一般社団法人 EARTH BOOKを立ち上げました。

私たちが向かおうとしている、この道筋を照らしてくれているのが、沖縄県宮古島の在来馬、宮古馬です。
県の天然記念物でありながら、現在、46頭しか存在せず、その飼育環境は決して整っていると言えるものではありません。
そして、その存在自体も、経済最優先の社会において忘れ去られようとしています。

EARTH BOOKの優先活動として、まずは、宮古馬と島民との共生関係を築くべく、プロジェクトを立ち上げサポートをしたいと考えています。

そのため、代表矢谷は、毎月のように宮古島へ通い、馬のお世話をしながら、島在住の方達との協力体制をつくっている最中です。

こうした活動にかかる経費を、皆さまからのドネーション、今回のようなお話会、草舟共催ワークショップ、オリジナルチャリティグッズ販売、
EARTH BOOKクラブ(会員制)の会費でまかないたいと、皆様のご支援を心よりお願いする次第です。

代表の矢谷左知子が生きる世界観、EARTH BOOKが描くヴィジョンに共感してくだされば幸甚です。

主催
一般社団法人EARTH BOOK
https://www.earth-book.com
  1. 2019/08/14(水) 16:21:42|
  2. 未分類

一般社団法人EARTH BOOK 誕生しました

EARTHBOOKカバー


生き物たちの はたらきに 連なる仕事を


矢谷左知子です。

日々全力疾走で更新できないままでした。
ご心配くださる方もいたりで申し訳ありません。

5.6.7は毎月宮古島に行っていました。
宮古馬のこれからのことを、馬のお世話をしながら、現地のネットワークを深めつつ、少しずつ前進させています。

今年に入って5頭の仔馬が生まれましたが、そのうちの3頭は出産直後に遭遇、
仔馬が逢う初めての人類になる幸せな時を過ごしました。
そうしたご報告はFACEBOOKページの「ミャークヌーマ宮古馬の会」にて発信しています。
ぜひご覧ください。
https://www.facebook.com/myahknuma/

そんななか、身の程知らぬで、この度一般社団法人を立ち上げてしまいました。
一般社団法人「EARTH BOOK」
この二年半やってきた宮古馬のことが、個人で太刀打ちするにはもう限界ともなり、よりダイナミックに加速させるためというのが大きな目的です。
そこに、これまでの主題の野生の草仕事、そして海からの伝授も載せて統合していくこととなりました。

これまで開催してきた草講座も少し形を変えて行きます。
今準備を整えているところ、秋口にはまたご案内できると思います。

この星のすべての智慧が記された一冊の書、
というイメージを持って、
社の名前を「EARTH BOOK」と名付けました。


この星にうまれ
たくさんの命とともに
ここに居る
それだけで充分
他の生き物たちが
すでにしている仕事に
人という種族として連なり
この本のどこかで
今日も埋もれて働いている

生き物たちとひとの
本来の仕事が描かれた
この星のものがたり



これまで授かってきたこと
馬の、草の、海の物語がはじまります。

今後ともご支援をよろしくお願い申し上げます。


EARTH BOOK 代表
草舟 on Earth
矢谷左知子

::::::::

EARTH BOOK hp
https://www.earth-book.com
  1. 2019/08/13(火) 14:13:14|
  2. 未分類

地下足袋 on 家庭画報インターナショナル

IMG_2254.jpg IMG_2255.jpg

ついついブログアップが後回し、
そろそろ次の号が出る頃でしょうから、
そのまえに記念にアップさせていただきます。

今年の春に出た、「家庭画報インターナショナル」に
二年前の日本版での特集記事がリライト、縮小版で再度登場させていただいています。

家庭画報というラグジュアリーな誌面に草舟が登場というだけでも革命的なことでしたが、
そのグラビアに地下足袋で出た女性は、矢谷さんが初めてです、と編集者の方に言っていただいた、栄誉ある1シーンが、よい記念となりました。

関係者の方々に御礼申し上げます。

xusa
矢谷左知子
  1. 2019/07/04(木) 16:37:44|
  2. 取材記事

海獣の子供と草舟のサンゴくん

aichann.png

友人で、草舟の草講座の常連さんでもある五十嵐大介さんの傑作、
「海獣の子供」が映画化され、現在上映中です。
これは原作者の五十嵐さんも満足の出来、と言われるほどの素晴らしい完成度で、
奥行きのある作画と深い世界観が見事に再現、圧巻でした。
一度観ましたが、また観たいと思わされました。

その本編と同時に、
海獣の子供の世界観の背景深め、探るドキュメンタリー映画「トゥレップー海獣の子供を探して」もオンエアされています。
これには友人の二木あいちゃんも出演していますが、その収録は草舟の庭で行われました。
このドキュメンタリーには、物理学者の佐治晴夫さん、人類学者の中沢新一さん、なども出演、興味深い内容になっています。

そして、
その、あいちゃんの後ろにずっと映っている、うちのサンゴくん、、
意味深で愉快でした。
このサンゴの化石は、実は自分の意思で宮古島からうちまでやってきたのです。
それは、今、私が深く関わっている、宮古島のお馬さんにまで繋がるお話、
その物語はまた。。

ご興味ある方はぜひ映画をご覧くださいね。
エンドロールに草舟 on Earthの文字を発見してください。
(EarthのEが小文字のeになってますが、、)

予告編でも草舟の庭が登場です。

収録風景
ヒナちゃんもそばでお昼寝。。
aicha.png

  1. 2019/07/02(火) 22:02:28|
  2. 草舟の庭

草講座6月<野苧麻から繊維をつくる>

苧麻糸2

<野苧麻から繊維をつくる>草講座6月


お申し込み状況です(6/6現在)

6/18 受付終了(キャンセル待ち受付)
6/26 空きあり
6/29 空きあり

_____

野生の草と共に作業することは、
芯からみなぎる植物エネルギーに触れること、
一年でも一番目覚ましい成長を遂げるこの時季、
ひと雨ごとに、すさまじいスピード感で秋までを駆け抜ける草たち。

それらの草を採集に出かけ、
自らの手で刈り取り、糸にする、
苧麻の月、6月。

草からたくさんの叡知を授かり、交感する日です。

6/18日(火)
6/26日(水)
6/29日(土)

いずれかご希望の日
各日とも10:30−15:00頃
限定3名(各日) 
受講料9000円(草弁当は+1000円)


<< お申し込み >>
左のメールフォームか、
xusa93hina*gmail.com(*を@に変換してください)宛、
・お名前
・お電話番号
・ご希望講座 日程
ご記入の上、メールを送信してください。
  1. 2019/06/04(火) 21:17:00|
  2. 草ワークショップ

草講座 5月

5月 草講座

ご参加 
お申し込み受付中


いよいよ草本番の季節到来です。
光る緑、緑、で覆われていく世界
みなぎる草の力が注がれ身体も目覚めていきます。


5/1 《 草と治癒 》 野生の蓬からモグサつくり〜お灸まで

もぐさ


野に生えるヨモギからモグサを作ります。
そのあと鍼灸師さんの指導のもと、お灸の実践があります。

 ・お灸の指導と季節の身体のお話; 浜中壮一郎

【日 時】5/1(水)13:00-15:30 4000円 ランチご希望の方は+1000円(ランチの方は12:00よりランチ後、講座)
【参加費】4000円 ランチご希望の方+1000円



5/6 《 草から紐つくり 》 ご参加 お申し込み受付中


ひも


野の草から紐をつくります。
手の中で、草が紐になっていくのは、大変愉しい作業です。
長く撚れたら籠も作れます。

【日 時】5/6(月)13:00-15:30 4000円 (草菓子・草茶つき)
【参加費】4000円 




5/9 《 草から色 草染め 》 受付終了

染め草


みかけは皆グリーンの草、でも内包する色は違います。
採る時季によっても違うその色。
植物の染めはミラクルです。

【日 時】5/9(木)11:00-16:00 
【参加費】6000円(材料費込み) ランチご希望の方+1000円
  1. 2019/04/23(火) 21:52:27|
  2. 草ワークショップ

「草と獣」 展覧会 Walk Talk

omote.png


葉山芸術祭参加 
「草と獣」

展示
Exihibition・Walking・Talking

もろともに光と在れ
山獣たちよ
然して
草よ 人よ



ーー

「草と獣」
境界をまたぐものたち
_________

<参加アーティスト>

Ryutaro Akada   赤田龍太郎(猟師)
Masaya Hashimoto 橋本雅也(彫刻家)
Daisuke Igarashi  五十嵐大介(漫画家)
Sachiko Yatani   矢谷左知子(草翻訳)


【Exihibition 展示】 無料
5/12(日)-18(土)12:00-18:00 無料
 (但 17日は14時まで / 18日は16時まで)

ー参加アーティスト4人による「草と獣」をまたぐ世界観の出現


【草と獣Walk 森歩き】 要予約
5/17(金) 14:00-17:00
3.500円

ー猟師のリュウタロウさんと共に裏山を歩く、獣の心と寄り添う時空


【草と獣Talk】 要予約
5/18(土) 16:30-19:00
3.500円

ー参加アーティスト4名による、「草と獣」談義。夕暮れの草舟 キャンドルの空間にて

/////

お申し込みはこちらをご覧ください。

開催場所 草舟 on Earth
(葉山芸術祭ガイドブック093参照)

ura.png



  1. 2019/04/23(火) 20:56:41|
  2. イベント

草講座 4月

草講座 4月
ーお申し込み 受付中ー

◎「庭の草を食べる 一品草おかず教室と草弁当」 4/13(土)または4/26(金)
__________________________________


56260467_2053060428144137_1825103016215183360_n.jpg


庭の草からおかずを作りましょう。
いつもの草弁当のあの一品。
他にもいろいろな草を摘んだり、味わったり、
草のお話。
そしてお弁当をいただきましょう。

4/13(土)または 4/26(金) 
11:30-14:30頃
受講料  5000円(草弁当付)




◎「草さんぽ」 4/17(水) または 4/23(火)
____________________


IMG_2161.jpg

草の季節です。
素晴らしい草たちのステキな力をいただきに、裏山さんぽ。
草の國を歩いて、おやつには草のお菓子をいただきながら、草談義しませんか。

4/17(水)または4/26(火) 13:00-16:00頃
参加費   3500円 (手作り季節の草菓子・草茶付き)




◎「草籠つくり すぐそばの草から籠をつくる」 4/20(土)
_______________________


IMG_0374.jpg

わたしたちのすぐそばに生えている草から、小さな草の器、草籠をつくりましょう。
いとおしい籠の出来上がりです。

4/20(土)13:00-15:30くらい
参加費 4500円(手作り季節の草菓子・草茶付き)



//////
講座お申し込みはこちらまで

・ご希望の講座名
・お名前
・当日ご連絡の取れるお電話番号

を添えてメールをください。
xusa93hina*gmail.com
(*を@に変えてくださいね)
  1. 2019/04/04(木) 23:28:19|
  2. 草ワークショップ

宮古馬お話会 @根津 4/7

うるま


来たる4/7
東京・根津にて宮古馬のお話をさせていただきます。
主催してくださるのは、坂田昌子さん(国連生物多様性の10年市民ネットワーク、虔十の会)。
宮古馬の現状改善にご尽力くださっています。

イベント内容
https://www.facebook.com/events/642354672890362/
ーー

「馬と人をつなぐ糸を握りしめて―宮古馬問題を越える―」

◼日時 4月7日(日) 14時開場、14時20分~17時

◼場所 キッチン九条Tokyo
台東区谷中1-2-10 魚善ビル2F
TEL 03-5832 -9452
https://kujo.tokyo

◼タイムテーブル
14:00 開場
14:20~15:20 矢谷左知子さん(ミャークヌーマ宮古馬の会)の映像とお話
15:20~15:30 休憩
15:30~16:15 坂田昌子さん(国連生物多様性の10年市民ネットワーク、虔十の会)お話 「馬と人の物語―生物多様性からみた在来馬」
16:15~17:00 みんなでディスカッション

3月宮古島を訪れた矢谷左知子さんに宮古馬たちの最新状況も伝えていただきます。
ぜひ、ご参加ください。

◼参加費 1500円+1ドリンク以上ご注文ください。

◼参加申込 定員20名


////////
参加ご希望の方は、以下のフォームよりお申し込みください。
https://ws.formzu.net/fgen/S94373799/

  1. 2019/03/23(土) 22:44:35|
  2. いきものたち

庭の草を食べる *一品草おかず教室と草弁当

庭の草を食べる


◎庭の草を食べる
一品草おかず教室と草弁当


庭の草からおかずを作りましょう。
いつもの草弁当のあの一品。
他にもいろいろな草を摘んだり、味わったり、
草のお話。
そしてお弁当をいただきましょう。

*草弁当は完全菜食ヴィーガン弁当です。

3/21(木・祝)または 3/30(土) 
11:00-14:30頃
受講料  5000円(草弁当付)

///
お申し込みは

・ご希望の日 21か30のどちらか
・お名前 人数
・連絡のとれるお電話番号

をお書き添えの上、
xusa93hina*gmail.comまで
(*を@にかえてくださいね)

場所はお申し込みの方にお知らせします。
(横須賀線逗子駅からバス)

矢谷左知子
  1. 2019/03/19(火) 14:14:20|
  2. 草ワークショップ

草講座 3月

ーお申し込み受付中ー

草講座3月は、
草から箒(ほうき)をつくってみたり、
庭草で一品おかずを作ってみたり。

ウグイスの鳴き声のなかで、春の陽を浴びながら・・

houki.png


◎草箒(ホウキ)つくりの日

この時季に収穫できる山茅で小さな箒をつくってみましょう。
お天気がよければ、茅を収穫するところからします。
草が人の手を経たときに、道具をなっていく過程には、なにか心が満ちるようなものがあります。
その体験をひととき草舟で。

3/18(月) または 3/24(日)
13:00-15:30頃
受講料  4500円(草茶・草菓子付)


niwakusa.png

◎庭の草を食べる
一品草おかず教室と草弁当

庭の草からおかずを作りましょう。
いつもの草弁当のあの一品。
他にもいろいろな草を摘んだり、味わったり、
草のお話。
そしてお弁当をいただきましょう。

3/21(木・祝)または 3/30(土) 
11:00-14:30頃
受講料  5000円(草弁当付)


kusabennto.png



///////
お申し込みはこちらをご覧ください。
または
左のメールフォームより
  1. 2019/03/03(日) 22:04:16|
  2. 草ワークショップ

3月2日(土)草虫馬のお話会 「草暦とミャークヌーマ」 草舟にて

仔馬の耳


定められたかのような巡り合わせで延期になりました「草虫馬のお話会」のお知らせです。

「草暦とミャークヌーマ」

3/2(土)12:00-15:00 草舟 on Earthにて(神奈川県横須賀市)
3.500円

◎お庭の草をつんでいっしょに”軽い”ランチづくり (月桃を使わせてもらいます。杉桶仕込み味噌もね)
◎暦の話(旧暦と野生動物との関係:石田紀佳)
◎馬のお話(草とミャークヌーマのいま:矢谷左知子)

気持ちのシェアリング(海をみながら)

場所は草舟です。(最寄り駅 逗子駅からバスなど)
お申し込みの方に詳細の場所をお知らせします。
件名に「草暦とミャークヌーマのおはなし会」として
矢谷左知子か石田紀佳までお申し込みください。

矢谷左知子  xusa93hinaアットオドロクgmail.com
石田紀佳 lamudaアットオドロクya2.so-net.ne.jp

アットオドロクを@にしてください。

:::::::::::::::::::::::::::::
草舟は方舟になってきたと矢谷左知子。
だいぶ前の矢谷左知子の草布の作品にこの星への祈りのように北極と南極を感じさせるものがあって、それはたしかシロクマにも捧げられたものでした。
いまはミャークヌーマがひとつの極となって彼女を動かしています。

七十二候の言葉には大型ほ乳類もふくめた生き物がいます。
今では日本でつかわれなくなった中国由来の言葉だと、
絶滅寸前の動物たちがいます。
どうして2000年以上の時空をこえて、
この言葉が伝えられたのか、
ときどきずしりと胸にひびきます。

ミャークヌーマが伝えてくれること。
馬耳東風の本来の意味。
「草木萌えいずる」の候に分かち合えたらと願います。

石田紀佳 記

52020808_2303869896512615_1544820331015831552_n.jpg
夕日に照された草舟
  1. 2019/02/27(水) 23:03:01|
  2. 草暦

【草茶会 2/27 <目に見えない世界との親和>】

52020808_2303869896512615_1544820331015831552_n.jpg

草舟の庭は不思議の庭です。
この場所に来てから、ほんとうにたくさんの方が、たくさんの通訳をしてくださり、
この場でおこっていることが、しだいに読み解かれていきました。

草舟の時空に包まれながら、
ひととき、草菓子やお茶をいただきながら、
草草のおはなし
馬馬のおはなし
のあと、
山の神様のところに詣って、奉納演奏を聴きます。

ディープ草舟をご一緒に。


2月27日(水) 13:00-15:30くらい
参加費 3500円(草菓子・草茶つき)

///////
お申し込みはこちらから

もしくは、左のメールフォームよりどうぞ
  1. 2019/02/21(木) 20:41:36|
  2. 草ワークショップ

3月2日(土)草虫馬のお話会 「草暦とミャークヌーマ」 草舟にて

IMG_1169.jpg

3月2日(土)草虫馬のお話会 「草暦とミャークヌーマ」

定められたかのような巡り合わせで延期になりました「草虫馬のお話会」のお知らせです。

3/2(土)12:00-15:00 草舟 on Earthにて

◎お庭の草をつんでいっしょに”軽い”ランチづくり (月桃を使わせてもらいます。杉桶仕込み味噌もね)
◎暦の話(旧暦と野生動物との関係:石田紀佳)
◎馬のお話(ミャークヌーマのいま:矢谷左知子)

気持ちのシェアリング(海をみながら)

場所は草舟です。(最寄り駅 逗子駅からバスなど)
お申し込みの方に詳細の場所をお知らせします。
件名に「草暦とミャークヌーマのおはなし会」として
矢谷左知子か石田紀佳までお申し込みください。

矢谷左知子  xusa93hinaアットオドロクgmail.com
石田紀佳 lamudaアットオドロクya2.so-net.ne.jp

アットオドロクを@にしてください。

:::::::::::::::::::::::::::::
草舟は方舟になってきたと矢谷左知子。
だいぶ前の矢谷左知子の草布の作品にこの星への祈りのように北極と南極を感じさせるものがあって、それはたしかシロクマにも捧げられたものでした。
いまはミャークヌーマがひとつの極となって彼女を動かしています。

七十二候の言葉には大型ほ乳類もふくめた生き物がいます。
今では日本でつかわれなくなった中国由来の言葉だと、
絶滅寸前の動物たちがいます。
どうして2000年以上の時空をこえて、
この言葉が伝えられたのか、
ときどきずしりと胸にひびきます。

ミャークヌーマが伝えてくれること。
馬耳東風の本来の意味。
「草木萌えいずる」の候に分かち合えたらと願います。

石田紀佳 記
  1. 2019/02/21(木) 11:15:36|
  2. 草暦

草暦の十三ヶ月 二月

仔馬の耳

二月


2017年から突如のごとくに、馬のことが始まりました。
沖縄県宮古島の在来馬、宮古馬。
その存続がかかった問題が次々と起こり、
なぜか私がそこに投げ込まれ、
この二年、必死で、お馬のことだけをしてきたようなことでした。

おかげさまで、去年末、ことが大きく動き、
多少は改善が始まっています。

依然、根本の問題は根強いです。

でも、もうそこは軽々と飛び越えて、先に進みたい、と想っています。

この二年の、これまで考えたこともなかった、お馬との日々のなかで、
彼らの群れに受け入れてもらうようになってからというもの、
馬たちのあまりの素晴らしさに今では魂の底から馬たちと同化し、
離れていても私も群れの一員として、いつも彼らを想い、
いまでは家族のような存在になっています。

そのように馬に心を向けてみる時、
馬の付く慣用句の、いかに馬を馬鹿(これもです)にしたものが多いかということに気がつきます。

馬と接する時、その崇高さにはいつも胸が一杯になるのですが、慣用句はそれと真逆、どれもひどいものばかり。

「馬耳東風」もそのひとつ
東風は春風の意で、春になって心地よい風が吹いていても、馬は耳をなでる春風に何も感じないだろう、ということから、
他人の意見も心に留めない、という意味に使われます。
とんでもないこと、馬たちも、他の生き物たちも、人間以上にデリケートな感覚を持っていて、
風が運ぶ情報なんて、人には及ぶべくもなく察知し、読み解いているでしょう。
そこで、これからは、人の、馬たちへの負の表現を転じるべく、新しい馬の慣用句を作っていこうと思っています。

その第一作目としては、
馬耳東風を言い換えた言葉をつくってみました。

「春風 仔馬の耳に あそぶ」



IMG_1577.jpg
  1. 2019/02/20(水) 20:11:37|
  2. 草暦

草暦の十三ヶ月 一月

あっという間に2月もなかば。
今年は、草暦の絵と言葉を月々に解説をさせていただこう!とおもいつつ、もう2ヶ月過ぎてしまいました。
14年間つくり続けてきた草暦ですが、いつも、販売終了すると、そのまま。。
ちゃんとフォローできていませんでした。

暦のなかに込めた想いは深くあります。

今年は、せっかくなので、ひとつずつ、簡単にご紹介させていただきますね。
まずは1月。

IMG_1576.jpg

一月


キジの鳴き声を知っていますか。

1月15日、七十二候の
「雉始めて鳴く」

なかなか形容しがたい声ですが、例えていえば、錆びた自転車のブレーキのよう。。
その声が一声、山を劈(つんざ)きます。

私の家は、海の目の前の山の中腹にあります。
山のすそ野がそのまま海に入り込んでいるという地形なので、海沿いなのに、山の気配の中、
庭には、この時季、リス、コジュケイ、キジたち、森の仲間が遊びにきます。

キジは意外や、近づいても逃げることなく、しばし庭の畑でなにやらゴソゴソしたり、お散歩してひととき穏やかに楽しんで、また薮に消えていきます。

しばらくして山のほうから、ひと声、、

実は大好きな鳴き声、
その声を聴くと、なにかが破れる、なにかがひらく、

そこで、
「雉鳴き 山のひらく」
としてみました。
  1. 2019/02/20(水) 20:08:47|
  2. 草暦

雪の草舟

IMG_1541.jpg


草舟 雪化粧

17日の草はじめまでには溶けそうです。。
  1. 2019/02/15(金) 10:51:37|
  2. 草舟の庭

草講座2月

草講座2月 (1)

2月の草講座
ご参加受付中

お申し込みは
こちらまで

草講座「草はじめ・草舟の庭草粥をいただきながら」 2/17
_____________________________


旧暦の七草を迎え、草舟のまわりには、もしゃもしゃと草が元気を出しています。
この日はお天気がよければ、野を歩き、草たちにあいさつし、摘み草なども。
草舟の庭の草の七草粥をいただきながら、草や馬のおはなし。
そんなひとときです。
この時季の夕焼けは一年でも一番うつくしいです。

2/17(日) 13:00-16:00頃 夕焼けがうつくしい時刻です
参加費   4000円(草舟草粥をすこし 草菓子もすこし 付)



「草の箒つくり」 2/21
__________


素材の山茅の採集から体験してみます。
簡単な箒を作りましょう。

手の中で草が道具となっていく瞬間は、やはりいつも興味深く思うのです。
冬ごもりの作業ですね。

2/21(木) 13:00-16:00頃
参加費   4500円 (手作り季節の草菓子・草茶付き)





「摘み草と草弁当」  2/24(日)
______________


久しぶりに草弁当をつくります。
春の野の草たちをいただきながら、
そのあとに野を歩き、摘み草に出かけましょう。
帰ってきたら、お茶と手作りのお菓子を。
早春の草の一日を

2/24(日)12:30-15:30くらい
参加費 4500円



「草茶会」  2/27(水)
__________


草舟の時空に包まれながら、
ひととき、草菓子やお茶をいただきながら、
草草のおはなし
馬馬のおはなし
みなさんのおはなし

2/27(水)13:00-15:30くらい
参加費 3500円




お申し込みはこちらまで

・ご希望の講座名
・お名前
・当日ご連絡の取れるお電話番号

を添えてメールをください。
  1. 2019/02/13(水) 18:53:24|
  2. 草ワークショップ

草講座 二月

新しい年おめでとうございます。
(もっとも草暦では、お正月はもうすこし先なんですけどね*)

お馬のことばかりの日々になっています。
明日からまた宮古島に行ってきます。
帰ってきたら二月*

さて、二月からはまた草講座再開します。
今年は春から、ちょっと新しい動きを準備中です。
またはっきりしましたらご案内させていただきますね。

二月の草講座スケジュール、
後半は日程だけで、内容はこれからですが、今の時季の庭も光が最高ですので、日にちを抑えておいてくださいね。笑

2/8(金)草虫の会 「草暦とミャークヌーマのおはなし」
2/17(日)草講座 「草はじめ」
2/21(木)草講座 「草箒」
2/24(日)草講座 おたのしみに!



草虫の、草暦とミャークヌーマのおはなし 2/2
______________________


毎年「草暦」を作っています。
デザイン、絵、言葉などは私(xusa)が担当、
印刷手配、制作などを友人の石田紀佳(musi)さんが担当、
今年で14年目になります。

この日は石田紀佳も一緒に、草暦のお話と
宮古馬のお話を映像を交えてさせていただきます。

musiさんが毎年つくっている大きな四斗の杉樽で仕込んでる絶品のお味噌でお味噌汁をつくります。
午後からですが、お味噌汁を一杯、お召し上がりいただきながら、お話いたしましょう。

2/2(土) 13:30-16:00
参加費  3500円(お味噌汁付き)




草講座「草はじめ・草舟の庭の七草粥をいただきながら」 2/17
_____________________________

旧暦の七草を迎え、野にも早春の草たちが出てきます。
この日はお天気がよければ、野を歩き、草たちにあいさつし
草草のおはなし、馬馬のおはなし
草舟の庭の草の七草粥をいただきながら、この日を祝いましょう。草仕事などもいたしましょう。
そんなひとときです。
この時季の夕焼けは一年でも一番うつくしいです。

2/17(日) 13:00-16:30 夕焼けがうつくしい時刻です
参加費   4000円(七草粥をすこし 草菓子もすこし 付)





草講座 「草の箒つくり」 2/21
________________


この時季の山茅から、簡単な箒を作ります。
手の中で草が道具となっていく瞬間は、やはりいつも興味深く思うのです。
冬ごもりの作業ですね。

2/21(木) 13:00-15:30
参加費   4500円 (手作り季節の草菓子・草茶付き)




草講座 おたのしみに  2/24(日)
________________


さて、この日はどうしましょう
もう少ししたらご案内いたしますね*

2/24(日)13:00-15:30くらい
参加費 未定 

たのしいことしましょう。
  1. 2019/01/23(水) 21:56:31|
  2. 草ワークショップ

<初午の日 ミャークヌーマに捧ぐ> 宮古馬のお話と 映画「スケッチ・オブ・ミャーク」上映会

LOVE宮古馬白

<初午の日 ミャークヌーマに捧ぐ>
宮古馬のお話と 映画「スケッチ・オブ・ミャーク」上映会

______________________________

2月2日
宮古馬のお話会をさせていただきます。
by 矢谷左知子


日時 : 2月2日 10:00-13:00ころ
場所 : アサバアートスクエア 金沢文庫
お代 : 1500円(お話+映画上映)



13時からご希望の方は、沖縄野菜を使ったお弁当1200円(アサバカフェ提供)をいただきながら、シェアリングしましょう。
お弁当ご希望の方はあわせてお申し込みください。(お弁当ご予約は1/29まで)

お申し込みはアサバアートスクエアまでお願いします。

m2001miki★gmail.com
(★を@に変えてください)

2360015
横浜市金沢区金沢町205
045-783-9705
  1. 2019/01/22(火) 22:47:57|
  2. イベント

光庭

ひかりにわ

元旦の草舟の庭の光をお届けです

立春までのわずか一ヶ月ほどの間
庭中、キラキラの光の洪水
おぼれそうになります

この2ヶ月ほど、宮古馬のことで渦中におりました
そのため草講座など、自分の仕事はすべて棚上げの2018年のおわりでした。

草から馬
草と馬
私にとって大きなこれらの主題が
ことしはよりはっきりと形をとっていくでしょう

草講座もゆっくりとはじめますね

この庭の光を浴びに
冬の草舟にまたお出かけください
ゆっくりとお逢いできます日をたのしみにしております

草舟onEarth
矢谷左知子

IMG_1171.jpg

IMG_1187.jpg
  1. 2019/01/06(日) 14:23:56|
  2. 草舟の庭

草暦できあがり ご注文受付中

46646599_2144890905828059_7025106241735098368_n2.jpg

草暦2019

*ご注文受付中*

15年目の草暦
この数年は、草だけでなく、
海や、野生の命、
この星の全生命のことを草暦に迎え入れるようになってきました。

2019年版は、
いま私が深く関わっている沖縄宮古島の馬も登場します。
すべての命の乗せて、草暦はことしも船出します。


お取り扱い店舗はもう少し出揃ってから掲載させていただきますが、
一冊から直送させていただいています。

暮れのギフトや、新年のご挨拶にご用命ください。

5部以上から部数が増えるほどにお得に買っていただけます。
お友達などとまとめても。
また、草暦は個人でも販売していただけます。
お得に仕入れて定価で販売、おこづかいにしてください*


草暦

<吊り下げ仕様  1.250円>

1部    1250円
5部以上  1050円
10部以上  950円
30部以上  750円


<折り本仕様  1550円>

1部    1550円
5部以上  1300円


<送料>
このページを見てご注文くださった方は
5部までは送料無料とさせていただきます。

6部〜9部   送料100円
10部〜20部  送料200円
30部以上〜     500円

/////////////////////////////
草暦 ご注文受付

ご注文はこちらまでどうぞ。
xusa93hina*gmail.com(*を@にかえてください)
矢谷左知子

1 吊り下げか、折り本か
2 部数 
3 お名前 / お送り先

をご明記ください。


DSCN0322s.jpg
DSCN0333s.jpg


  1. 2018/11/25(日) 20:19:28|
  2. 草暦

草リトリート 11/18・29

46195138_357660141711375_5641162006804299776_n.jpg

草舟のある峯山も秋のなかです。
とはいえ、このあたりは南国の様相、まだまだグリーンの力が旺盛で、たくさんの段階の秋模様が混在しています。

そのなかで、草舟の庭ではちょっとした奇跡がおこっています。
一本の木が、メッセージを目に見える形で体現してくれています。
この日はそんなお話も。

キラキラと海光の反射がこの場を清らかにしてくれているようです。
光を浴びに来てください。


【草リトリート・深い秋編】 11/18・29
=再募集・ご参加受付中=

草舟は不思議の森のなかにあります。

秋深い一日
草しごと 草談義
草のごはん 草のおやつ
そして馬

森を歩き 鳥や虫たちの気配のなか
落ち草の曼荼羅をつくってみましょうか。

44986037_186151552294953_7997355591938867200_n (1)


深い秋の草リトリート
深々と、秋の気配に満ちた一日を

*あとすこし参加受付しています。

【日 時】11月18日(日)11:00-16:00頃 *29日も同様
【参加費】8000円(草弁当・草茶・草菓子つき) 
       *お弁当は完全菜食です

/////

草舟の講座、イベントお申し込みは以下となります。

・ご希望の日程
・講座、イベント名
・お名前
・連絡の取れるお電話番号

明記の上
xusa93hina*gmail.com
(*を@に変えてください)
までメールにてお申し込みください。

場所はお申し込みの方へお知らせさせていただきます。
(神奈川県葉山御用邸近辺)


ーおしらせー

*草舟は急坂の途中にあること、
 基本床座りで、僧堂のようなスタイルですので、足のお悪い方にはご負担かもしれません。
 ご了承いただき、参加お申し込みください。

*海しか見えない絶景のサンクチュアリですが、蚊など虫の種類の大変多いところです。


*キャンセルポリシー
  恐縮ではありますが、ご予約後のキャンセルは以下のようになります。ご了承くださいませ。
  
  二日前から一日前の17時までのキャンセル   50%
  前日17時以降 当日                 80%
  連絡なし                        100%




草舟 on Earth
矢谷左知子
  1. 2018/11/15(木) 11:32:11|
  2. 草ワークショップ

草暦 ただいま印刷中

1011.png


今年もやっとこ。
なんとか入稿。。

ただいま印刷中です。

ご予約受付もしています。


つり下げ仕様  1部 1250円
        5部以上 1050円/部
        10部以上 950円/部
        30部以上 750円/部


折り本仕様    1部 1550円(自分で折る方は1300円)
        10部以上 1250円/部(自分で折る方は1000円)
        ※折りについては10部以上割り引きはありません。

お申し込みは左のメールボックスか、
こちらからどうぞ
http://kusabune.blog.fc2.com/blog-category-19.html
  1. 2018/10/30(火) 22:12:06|
  2. 草暦

11月の草講座 

11月前半は沖縄の宮古島に、お馬のことで行ってきます。

11月の草講座、
ざっくりこのようですが、戻りましたらまた詳しくお知らせさせていただきます。
深まる季節、落ち着いた講座になりそうです。

11/18 草リトリート
11/22 草茶会 草と馬のおはなし
11/27 草かごつくり
11/29 草リトリート


44986037_186151552294953_7997355591938867200_n (1)


草リトリート  11/18(日) or 11/29 (木)
_________________


秋の山道あるき
落ち葉曼荼羅をつくる 

11:00-16:00頃 
8.000円



草茶会 草と馬のおはなし 11/22(木)
________________


13:30-16:00頃 
ドネーション



草暦と草おやつの日  11/24(土)
______________


13:30-16:00頃 
ドネーション
草暦販売します



草籠つくりの日  11/27(火) 
____________

13:30-16:00頃 
4500円


ご参加受付中です。


お申し込みはこちらをご覧ください。
http://kusabune.blog.fc2.com/blog-category-19.html
  1. 2018/10/30(火) 21:59:05|
  2. 草ワークショップ

草リトリート 深い秋編 10/27

IMG_0808.jpg


◉草リトリート 深い秋編 10/27
_____________


草舟は不思議の森のなかにあります。

秋深い一日
草しごと 草談義
草のごはん 草のおやつ
そして馬

森を歩き 鳥や虫たちの気配のなか
草の曼荼羅をつくってみましょうか。

深い秋の草リトリート
深々と、秋の気配に満ちた一日を

*あとすこし参加受付しています。


【日 時】10月27日(土)11:00-16:00頃
【参加費】8000円(草弁当・草茶・草菓子つき) /4名以上の場合は7000円
*お弁当は完全菜食です

////////////
お申し込みは

・ご希望の日程
・講座、イベント名
・お名前
・連絡の取れるお電話番号

明記の上
xusa93hina*gmail.com
(*を@に変えてください)
までメールにてお申し込みください。

場所はお申し込みの方へお知らせさせていただきます。
(神奈川県葉山御用邸近辺)

こちらもお読みください。
http://kusabune.blog.fc2.com/blog-category-19.html
  1. 2018/10/24(水) 14:45:03|
  2. 草ワークショップ

「馬を放つ」上映+小さなお話会

f440253ccd7eba27d0587e778ca3409a.jpg

「馬を放つ」 上映+宮古馬お話会 10/25

地元の海辺の素敵な映画館CINEMA AMIGOで21日からキルギスの映画「馬を放つ」を上映してもらっています。
初日21日には、そこでトークイベントをし、上映後、宮古馬の現状の映像も観ていただいた後、ゲストの方々にも馬を放つという主題のお話をしていただきました。

きのうはゲストの方のみのトークライブでしたので、
来たる10/25にまた小さなお話会をしたいと思います。
各自映画を観ていただいたあとに、別の場所(すぐそばのカフェ)にて宮古馬の現状の映像を観ていただきながら、お話をさせていただきます。
ご希望の方はメッセージをくださいませ。詳細をご案内させていただきます。
先着10名様までお越しいただけます。
メッセージ宛先
xusa93hina★gmail.com
(★を@に変えてください)

場所は神奈川県逗子市になります。
たいへんに素晴らしい映画で、宮古馬、そして世界の馬たちの現状と重なり、魂の震える映画です。
25日とは別に期間中、いつでもご覧いただけますので、お見逃しの方はこの機会にどうぞご高覧ください。

「馬を放つ」
CINEMA AMIGO(逗子)にて11/3まで上映
https://cinema-amigo.com/2018/10/139/
  1. 2018/10/22(月) 14:41:52|
  2. いきものたち

10月後半のスケジュール

IMG_0806.jpg

:::

草舟より10月後半の草講座のご案内です。

台風はいかがでしたか。
ここはそういう日の翌日は、山からどっさりの小枝と葉っぱが降り積もり、埋まってしまいます。

その当日の朝の薫りのかぐわしさといったら。
上等の中国茶のような、
紅茶のファーストフラッシュのような、得も言われぬ妙香が山中からしてきます。
大好きな薫りです。

とはいえ、後片づけには数日かかりますし、
台風の強風で植物がすべて塩害、
鉢植えの半分は枯れてしまいました。
庭の木々もすっかりシオシオです。
グリーンの景色は一変、一気に秋になりました。

さて、10月後半のスケジュールです。

めずらしく何年かぶりで風邪をひき、しばらく使い物にならず、、
ただいま、年に一度の草暦原稿描きの真っ最中のうえ、
八王子でお話し会などもあり、原稿も遅れ遅れ。
スケジュールもすっかりと遅くなってしまいました。

こんな時期ですが、
もしタイミングあうものがありましたら、どうぞお出かけくださいね。
お待ちしています。

:::::


◉草さんぽ 中秋の草をたずねて 10/15

秋の真ん中、草舟周辺の草たちを尋ね歩き、
いただいてみたり、観察してみたりしながら、草との時間を過ごします。 

草のお茶、草菓子をいただきながら、いろいろなお話もいたしましょう。

【日 時】10月15日(火)13:30-16:00過ぎ頃
【参加費】3500円(草茶・草菓子つき)




◉草馬茶会 菊のお節供 10/18 

この日は菊の節供。
旧暦9/9、重陽のお節供の日です。
そんなことも大事にしながら、草と馬に沿いながらお話。
さいごにみなさんとのシェアも楽しみにしています。

【日 時】10月18日(木)13:30-16:00過ぎ頃
【参加費】2500円(草茶・草菓子つき)




◉草籠つくり すぐそばの草から籠をつくる 10/24

わたしたちのすぐそばに生えている草から、小さな草の器、草籠をつくりましょう。

【日 時】10月24日(水)13:30-16:00過ぎ頃
【参加費】4500円(草茶・草菓子つき)




◉草リトリート 秋編 10/27

秋も一段深まったこの季節、
このときならではの季節の妙味に浸りましょう。
この日はひさしぶりに草弁当をお作りし、季節の植物たち、お野菜を味わっていただきます。
完全菜食のお弁当です。
秋の野山の草さんぽ、草仕事、お弁当、草談義、草のおやつ。。
深々と、秋の気配に満ちた一日を。

【日 時】10月27日(土)11:00-16:00頃
【参加費】8000円(草弁当・草茶・草菓子つき) /4名以上の場合は7000円




//////////////////////
お申し込み・お問い合わせ

左のメールフォームより、
もしくは
こちらをご覧ください

*
Facebookページも始めました。
どなたでもご覧になれます。

草舟 on Earth FB
https://www.facebook.com/kusabune/

//////
プライベート草講座も受け付けています。
日程が合わなかったり、お友達やご家族だけの特別な草講座をご希望の方はご相談ください。
矢谷左知子

  1. 2018/10/10(水) 13:48:58|
  2. 草ワークショップ

カフェトーク * 10/7 八王子古本まつり

42742053_1556353254510749_4700539447148544000_n.jpg


10月7日(日)
八王子古本まつりのイベントで、カフェトークをさせていただきます。
お近くの方、ご都合の合う方、どうぞ逢いに来てくださったらうれしいです。


【草や馬が齎(もたら)せてくれるもの】

お話 矢谷左知子

対談 with 坂田昌子さん(虔十の会・国連生物多様性の10年市民ネットワーク代表)

日時 : 10/7(日) 15:00-18:00
場所 : となりわ 八王子古民家ダイニングカフェ
      〒192-0081 東京都 八王子市横山町 9-10

facebookイベントページ 
https://www.facebook.com/events/717599721924026/
  1. 2018/10/02(火) 13:24:09|
  2. イベント
次のページ